ももベルのトラベルぶろぐ

ドイツ生活新米っ子の、ドイツ生活や旅の記録。

【バチカン市国】『世界で一番小さい国』に行ってみた!


こんにちは、ももベルです!

本日は世界最小独立国の、

『バチカン市国』についてご紹介✨

 

 

バチカン市国とは?

f:id:momobellblog:20210531165541j:plain


別名:ヴァティカン市国🇻🇦

英名: Vatican City 

公用語:ラテン語/イタリア語


ローマ市内にある、

人口1000人以下世界最小独立国


国全体が世界遺産
に登録されている

唯一の場所でもあります。


1929年
ムッソリーニ政府と

ローマ教皇庁との間に結ばれた

「ラテラーノ条約」によって誕生しました。

 

サン・ピエトロ広場

f:id:momobellblog:20210531164313j:plain


サン・ピエトロ大聖堂前
に広がり、

一度に30万人の人を収容できる

直径200mの楕円形大規模な広場


一説によると楕円形である理由は、

長い巡礼で疲れた信者たちを

「温かく包み込む」というのを

イメージして建設されたのだとか。


広場の中心には日時計の役割も兼ねた

ローマ人によってエジプトで建設された

オベリスク(写真中央のモニュメント)が。


f:id:momobellblog:20210531184250j:plain


オベリスクの周りを囲むように

284本のドーリア式円柱が並び、


f:id:momobellblog:20210531171127j:plain


円柱の上には、

140体の聖人像が設置されています。


f:id:momobellblog:20210531184912j:plain


聖人像を近くで見るとこんな感じ!

その繊細な技術に圧倒されました。


じーっと見過ぎて、

首が痛くなってしまいました(笑)

 

サン・ピエトロ大聖堂

f:id:momobellblog:20210531174017j:plain


4世紀にコンスタンティヌスが創建し、

17世紀にはラファエロミケランジェロ

ルネサンスの芸術家によって120年もの間、

大改修が行われた世界最大規模の大聖堂


写真右上にあるドーム部分に行くと

サン・ピエトロ広場ローマ市街

一望することができます✨

 

アクセス

f:id:momobellblog:20210531185037j:plain


住所:Viale Vaticano, 00165 Roma RM, italy

地図:Google マップ

電車:(地下鉄)オッタヴィアーノ駅から徒歩5分。


以上、世界最小国『バチカン市国』でした🇻🇦


バチカンに訪れたのは2019年の11月。


あまりの人の多さや、

外観の美しさに満足したことから

大聖堂の入館を諦めてしまったのは、

今思えばもったいない事をしたな〜っと

ちょっぴり後悔💦


世界最小の国といえども

その存在感はとても大きいもので

足を運んでよかったなぁっと

思える素敵なスポットでした❣️


早くまた色んなところを

旅行したいですね😆😊🎵


本日も最後まで閲覧いただきありがとうございます!

皆さまの素敵な一週間を願って…✨ by ももベル

Twitter:https://twitter.com/momobellblog

Instagram:
https://www.instagram.com/momobellblog/

ブログランキングに参加しています!いつも応援ありがとうございます✨
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログへ  

© 2020 ももベルのトラベルぶろぐ All rights reserved.

プライバシーポリシー