ももベルのトラベルぶろぐ

ドイツ生活新米っ子の、ドイツ生活や旅の記録。

【ドイツ・ベルリン】平和の象徴『ブランデンブルク門』に行ってみた!


こんにちは、ももベルです!

本日は『ベルリンの歴史ある門』をご紹介!

 

ブランデンブルク門とは?

f:id:momobellblog:20210714102114j:plain

1791年にベルリンの中央区に建設され、

かつては関税門として利用されていた門。

関税 : 他国や他地域からの輸入品に課される税のこと。輸入品は国内生産より安いことが多く、関税をかけることで(国内生産との値段の差が小さくなり)『国内の産業保護』につながり易くなります。


もともと要塞(ようさい)に囲まれ、

城郭都市(じょうかくとし)だったベルリン。

要塞:外敵などから国や都市を守るために築かれた軍事的な防御施設

城郭都市:城壁などで周囲を囲んで防御した都市 

f:id:momobellblog:20210714155423j:plain

時代とともに軍事的価値が減り、

1734年に要塞が廃止されました。

 
要塞廃止後は…

市内を取り囲むように税関壁が設置され、


税関壁と街道が交差する14〜18ヵ所

関税門が設置されていきました。

f:id:momobellblog:20210714162459j:plain

12本の柱から構成される門は、

高さ26m、幅65.5m、奥行き11m

遠くから見ても圧倒的な存在感!


そんなブランデンブルク門は、

アテネのアクロポリスにあるプロピュライア

手本にして作られたと言われています⬇︎

f:id:momobellblog:20210714111558j:plain

プロピュライア:ギリシャ・アテネのアクロポリスにある堂々たる門。

上2枚の写真を比較してみると、

かなり似ているのがわかります!❗️

ナポレオンとの関係性

f:id:momobellblog:20210714164544j:plain

門の上には4頭の馬と馬車に乗った

女神ヴィクトリアが設置されています。

女神ヴィクトリア:古代ローマ神話に登場する勝利の女神


『平和の象徴』
としても大切にされていた

ブランデンブルク門でしたが…


1806年ベルリンを征服した

フランス皇帝のナポレオン1世が、

女神ヴィクトリア勝利記念として

パリに持ち帰ってしまいます🇫🇷


その後プロセインがナポレオンに勝利し、

1814年、無事にヴィクトリアを

ベルリンへと戻すことが出来ました✌️

 

1860年〜現在

f:id:momobellblog:20210714165929j:plain

1860年代には税関壁が取り壊され始め、

関税門は次々と姿を消していきました。


そんな中でも残ったブランデンブルク門は、

ベルリンにとって貴重な歴史ある建築物

f:id:momobellblog:20210714170536j:plain

ベルリンの壁崩壊前は東側に所属し、

東西分断の象徴として知られていました。


現在は、ベルリンシンボルとして

ベルリン市民に大切にされています。

 

アクセス

f:id:momobellblog:20210714165857j:plain

住所:Pariser Platz, 10117 Berlin, Germany

地図:Google マップ

電車:Berlin Brandenburger Tor駅より徒歩2分

 

周辺情報

f:id:momobellblog:20210714102515j:plain

ブランデンブルク門は、

ベルリンの中心地に位置するため、

ドイツ連邦議会議事堂ベルリン大聖堂など

他の観光地へもアクセスがしやすいです^^


カフェ美術館なども充実しているので、

おすすめなスポットです🌟


…以上『ブランデンブルク門』でした〜🐎


歴史的な建築物について書いたため、

難しい言葉がたくさん出てきて、

読みづらい部分も多いかもしれませんが…💦

少しでも参考になれば嬉しいです😌❣️


本日も最後まで閲覧ありがとうございます。

皆さまの素敵な一日を願って…✨ by ももベル


Twitter:
https://twitter.com/momobellblog

Instagram:https://www.instagram.com/momobellblog/

ブログランキングに参加しています!いつも応援ありがとうございます✨

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ

 

© 2020 ももベルのトラベルぶろぐ All rights reserved.

プライバシーポリシー